忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/21 17:05 |
レーシック(lasik)の利点・欠点
レーシックの利点
1:眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。 
2:手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。 
3:生命保険などが適用されれば、手術費用が
  ほぼ無料になるケースがある。 
4:比較的に、成功率の高い手術である。
  (ただし、1%以下でも失敗のリスクはある) 

レーシックの欠点
1:低いとはいえ、他の手術同様、失敗、術後合併症等の
  リスクがゼロではない。 
2:希望する全員が受けられる手術ではない。
  (角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる。) 
3:ドライアイになることがある。 
4:近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない。


近視矯正手術レーシックの検証でした。
PR

2007/05/03 00:25 | Comments(0) | TrackBack(0) | レーシック
レーシックって何?
レーシック(LASIK:Laser in situ Keratomileusis)は、エキシマレーザーによる視力矯正手術のひとつです。

レーザー照射で角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって近視や遠視・乱視等を矯正するもので、適応できる屈折度数の範囲が広い、ほとんど痛みがない、視力の回復が早いなどが特徴です。

アメリカでは1995年にFDA (米国食品医薬品局※) がエキシマレーザーの使用を認可したことによって急速に普及し、2002年には年間で100万人を超える人が手術を受けました。日本でも厚生労働省の認可 (2000年) 以来、徐々に広がりをみせています。

もちろんその歴史はまだ新しく、現在も発展途上にある手術法という見方もできますが、美容上や職業上、ライフスタイル上、あるいは眼の負担に対し、メガネやコンタクトレンズは装着できない、したくないという人にとっては現在のところ最も理想的な治療法といえるでしょう。

2007/05/02 23:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | レーシック

| HOME |
忍者ブログ[PR]